読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひでシスのめもちょ

今度は箱根登山鉄道に乗ってみたいと思っています

追記:Android-x86をUSBメモリにインストールする方法

ともにAndroid-x86へ サポート終了を受け止めWindows XPから脱却する団結を Androidでノートパソコンの未来を切り拓こう!【KMCアドベントカレンダー2013 19日目】 - hidesysの農業経済とプログラミングの記録
の追記。

ノートパソコンでAndroid-x86USBメモリにインストールしたい場合

ですが、

結論

から言うと

  1. USBメモリ2本差しでのインストールは難しい
    • インストールディスクとしての起動・インストールされるドライブの2本
    • 難しいというかできなかった
  2. 一本のUSBメモリに2つプライマリパーテーションを用意してあげる
    • 前方をインストールディスク、後方をインストールされる側として扱う
  3. インストール時にインストーラーでUSBメモリブートローダーのGRUBを上書きする
  4. インストールディスクとして扱われる始めのプライマリパーテーション領域は無駄になるけど仕方がない

ってかんじでした。

用意

するのは以下のとおりです。

  1. ノーパソ
  2. USBメモリ
    • インストールディスクパーテーション512MB、インストール先1.5GB以上で、最低でも2GBは欲しい
  3. USBメモリWindows上から2つのパーテーションに分けるEaseUS Partition Master
  4. Android-x86インストール用ISOイメージ
  5. BootableCDのISOイメージから起動可能なUSBメモリを作るUNetbootin
  6. 作業用のPC

手順

  1. USBメモリのパーテーションをEaseUS Partition Masterで分ける
    • f:id:hidesys:20140402235903j:plain
    • ココがミソ
  2. Android-x86インストール用ISOイメージUNetbootinUSBメモリに書き込む
  3. ノーパソに刺して起動
  4. インストールを選択
  5. インストール先に、USBドライブ内の第二パーテーションを選択
  6. GRUBをインストールしますか[はい]
  7. インストールが終わって再起動→わーいAndroid-x86がUSBから起動したヤッター!

これでいけんねんで。よかったやん。