ひでシスのめもちょ

今度は箱根登山鉄道に乗ってみたいと思っています

住友化学を退職しました

こんにちは。ひでシス、こと、西岡めぐみです。
2017年4月に新卒で入った住友化学を2018年2月末付で退職しました。東京本社に配属されて、海外向け農薬部門で11か月働いてました。忘れないうちに住化についてメモっとこうと思います。

入社した理由

住友化学って知ってますか?
なんでも、国内の化学メーカーでは2位で、3万人ぐらい従業員がいて、創業から100年ぐらいやってて(吉田寮と同じ年では?)、グループ会社が250社ぐらいあって、海外売上高が60%を超えるグローバル企業らしいです。
自動車用のプラスチックからスマホのタッチパネルとか医薬品中間体とかいろいろ作ってて、ぼくは農薬を作る部署にいました。
住友財閥の御三家っていうところにこだわりがあるみたいで、「住友化学の興りは、別子銅山の銅精錬から……」という話を11か月で7回ぐらい聞かされました。

入社した理由をリスト化すると以下の通りです。

  • 社員の人柄がよかった
    • いろんな会社を受けてみましたが、一番性格の良い人たちが集まってるのがここでした
    • 面接の度に交通費をいっぱいくれて、親戚のお金持ちのおっさんみたいな感じだった
  • 学生時代までやってたソフトウェア開発とは別のものに挑戦してみたかった
    • インドネシアに留学してたのもあってか、幸い海外に農薬を売る事業部に配属されました
  • 新卒でしか入れない系企業に入ってみたかった
    • 財閥系って面白くないですか?
  • 生涯年収が高い
    • 新卒の時の給与は月25万円+残業代+ボ1回73万円ぐらいなのであんまり高くないですが、部長になるとボーナスだけで数千万円もらえるみたいですね。いいなぁ
  • IT投資を頑張ってる
    • ERPAWSに載せたりだとかしてて、意識が高そう
      • ERP:購買→生産→営業→販売まで一貫して扱う基幹システム

ぼくにはソフトウェア開発と農業経済学の2つの軸があるんですが、やっぱ農業は地球の表面を直接改造する人類の営み的なアグレッシブさがあって面白いですよね。
f:id:hidesys:20180303101538j:plain
修士号を取ったインドネシアの稲作風景です。残念ながらインドネシアの農薬に関しては、三井化学系のAgriconの方が断然強いんですよね。

退職した理由

個人的にちょっとミスマッチがありました。しっぱいしっぱい。

  • 仕事の一部で疲弊した
    • 大企業特有のセクショナリズムが強かった
    • 同じ会社の中なのに情報を隠したりとか、不利なことは資料に書かずに鉛筆を舐めたりとかそういう仕事をするのがイヤでした。
      • クソデカ企業だと、部署のやりたいようにさせて数字だけ管理する方法でしか運営できないのかもしれませんが、う~ん……。
    • 計器が狂った飛行機ってまともに操縦できるんしょうか
  • 給与が低い
    • 家賃補助もないし、寮は東京本社から通勤時間1.5時間のところにありました。
  • 市場が見えない
    • 端的に言ってワクワクしません
    • 中間財をつくるB2Bメーカーって、間に入ってる加工メーカーが企業努力をするので、市場のニーズがよく見えなくなっちゃうんです
  • やっぱり「ものづくり」をしたかった
    • メーカーでも事務職だど仕事内容はものづくりじゃないんですね
    • ぼくはコード書いて動くものを作ってる方が楽しかったことに気付きました

住友化学の良かったところ

やっぱ振り返ってみるといいところでした。化学系の後輩に就活で激ススメしたりしてます。

  • キャリアパスが明確
    • 1年目は部署(住友化学本体)の業績管理
    • 2年目は関連会社も含めて管理
    • 3年目から実務担当になって海外と実際にやり取り
    • ……
    • みたいなキャリアパスが見えてました(突然やってくる配置転換はリスクだけど)
      • 人間を教育する気概がありますね
  • 終身雇用制
  • 学歴採用なのでみんな一定のレベルは満たしてて、意思の疎通が早い
    • って就活でアピールされたんですが、これはガチでした
  • お金を稼ぐ構造を持ってる
    • 研究→製品化→各国で登録→工場で生産の一貫したプロセスを自社で持ってて、すごいなーと思いました
  • 幹部が情勢を捉えようと頑張ってる
    • IoTとかドローンとかやってるっぽい。社長は年始挨拶でソサエティー5.0って言ってました
  • 残業代がきっちり出る
    • 当たり前なんですけど
    • ソフトウェア開発だと裁量労働制になってるところが多いので……。

同期、同僚、部署のみなさんには大変お世話になりました。至らないところが多かったと思いますが、本当にありがとうございました。

やってたこと

11か月ぐらい業績管理をやってました。P/Lを作ったり、経費をまとめたり、数字の表を見て「利益がこう動いてるのはなんでだろ~」って考えて原価表を読んだりする仕事です。(ERPからはみ出した業務が全部Excelで行われてて、最大30シートぐらいあるエクセルファイルを10個ぐらい日常的に扱ってたのは辛かったです)
ブラックボックスになりがちなERPではなくExcelでも数字を扱ってたおかげで、お金の勘定がちょっぴりできるようになったかな。あと工場の雰囲気とか世界の農薬動向とかも勉強させていただきました。

あと大企業のプロジェクトの承認プロセス(Ringiってヤツです)とかも肌身で知れたので、これからこういう会社を相手にして商売するのもできそう。

これから

友達と色々試してみたいことがあるのでいろいろやってみます。おもしろそ~。

今までと違って「平日は何時に終わるかわからんから夕飯行けへん」「土日は疲れて寝てる」みたいなのがなくなるのでご飯行きましょう。気軽に誘ってください。
f:id:hidesys:20180329123847j:plain
私事ですが目黒に引っ越しました。今の時期は桜がキレイで、もうすぐしたらいっぱい毛虫を見れると思います。都会って便利ですね。

漫画『シェア・ユア・ライフ』のダウンロード販売を開始しました

こんにちは、ひでシスです。

コミティア122で『シェア・ユア・ライフ』を頒布しました。このダウンロード販売をboothとnoteで開始しました。300円です。

hidesys.booth.pm

 

表紙はこんな感じ。

f:id:hidesys:20171202113222j:plain

 

人間が生きるのに必要なものは実はすごく少ない。すべてを所有しようだなんて考えは傲慢でコストが高くついて非効率だから、すべてを分割して残りの分は他人とシェアして欲しい。そういう想いを伝えたくて、漫画を書きました。

 

OLの今風の生活を描いています。読んでいただいた方からは様々な意見を頂いています。

 

f:id:hidesys:20171202113359j:plain

お金で解決できることはお金で解決した方がいいのかも……。

 

 

f:id:hidesys:20171202113410j:plain

私たち労働者は「自分の時間を切り売りして」生活を送っています。なら、居住空間やプライベートも切り売りしていってもいいんじゃないでしょうか。

 

 

f:id:hidesys:20171202113428j:plain

 

 f:id:hidesys:20171202113444j:plain

 

 

ダウンロード場所について

どの場所でも300円です。

boothはこちら

zipとpdfで頒布しています。

hidesys.booth.pm

noteはこちら

スマホで読みやすいかも。

note.mu

note.mu

 

ではでは。

f:id:hidesys:20171202113521j:plain

 

阿部洋一『 #それはただの先輩のチンコ 』、あるいは切断されたペニスをめぐって

こんにちは。男根妄執者のひでシスです。

 

阿部洋一の『それはただの先輩のチンコ』が先日公開されました。男性からペニスを切り取っても再生するこのに気付いた女子たちが、例えば先輩のペニスを切り取ってペットにしてみたり、妄執的に様々なちんこを集めてバスタブ一杯に貯めてちんこに埋もれてみたりする話です。

webcomic.ohtabooks.com

f:id:hidesys:20171103002216p:plain

阿部洋一といえば、セーラー服を着た女子が顔を赤らめながら股間に生えた蛇口を「ガチャガチャ」と音を立てさせて公園の水道の蛇口と絡ませるシーンですとか、そういう男根を想像させる描写をよく使ってました。ぼくとしてはこの漫画を読んで「ついに来たか~~」という感じです。

 

切断されたペニスをめぐって

「ペニスの切断」と聞くと、最初に頭に浮かんでくるのは去勢不安ではないでしょうか。歯の付いたヴァギナとかのイメージです。ただ、阿部洋一の『それチン』については、エディプスコンプレックス的な去勢恐怖に着眼すると論点がぼやけてしまいます。

 

阿部洋一『それチン』で注目すべきは、「強い男性像」から「性的な男性の部分」を切断し、弱い(踏めば潰れてしまうような)性的なオブジェクトとして、性の主体となった女性の所有物とする、という構造でしょう。

性的に強いこと・力が強いことは古来から一体のイメージとして「強い男性像」として捉えられてきました。しかし相対主義と男女平等の進んだ現在においては、「男性の力強さ=性的な主体性」の等式は徐々に地位を失い、今やむしろ現実社会において弱い男性に対して自らを勇気づけるファンタジーとして供給されるのみという状況に落ちぶれています。では女性が性的な主体性を手に入れたとき、どのように描写されるのか?という話ですけど、内田春菊オードリー・ヘプバーン的な「自分の力で生活を営み、自分の人生段階に応じて最適な男性をパートナーとして乗り換える」だったり、もしくは「自分の身体に挿入される≒自分を支配するペニスを否定するために、ペニスを切り取って自分のものとする」だったりするのかなと思います。

 

『それチン』では第1話で帰巣しようとしているペニスを無理に引き留めてペットとして飼う描写に、女性の性的な主体性→性的な男性がオブジェクトとして扱われることの構造が見て取れます。そしてそのペニスは高熱を出して寝込む。阿部洋一の描くペニスは従来のペニスの熱くて鉄のように固いイメージと違い、柔らかく、小さく、弱いものです。性的な主体性に欠けた男性。女性の意思に翻弄される男性。

f:id:hidesys:20171103014149p:plain

第2話では、「男性のペニスを切り取ってペットとして扱うこと」が社会的に少しずつ流行している描写が出てきました。もはやそこに人間としての男性は存在しません。添い寝フレンドのその先の世界です。

 

私たちは今、労働時間を切り売りして、日銭を稼いでいます。これも切断です。AirBnBで、使っていない間 自分の部屋に他人を泊めてお金を稼ぐこと、これも切断です。思えば、人類の最初の労働は売春でした。私たちの時間を、居住空間を、性的な私を切断して他人に提供することは避けられない流れなのかもしれません。

 

さて。せっかくなので、ペニスの切断史というか、切断されたペニスの表現史について、ひでシスと一緒におさらいしましょう。

 

意思を持って這うペニス

榎本俊二『えの素』

www.amazon.co.jp

f:id:hidesys:20171103004545p:plain

意思を持って這うペニスといえば、まずえの素でしょう。『これチン』で描かれていた、切断されたペニスの帰巣本能の描写も出てきます。榎本は天才です。

 

てる『ちん兄ちゃん』

f:id:hidesys:20171103005138p:plain

[R-18] 【漫画】「【創作R18】ちん兄ちゃん」漫画/てる [pixiv]

商業ではないですし、かつ切断ではなく人間が陰茎に変身する話ですが。ペニスになった主人公がディルドとして使われて萎びてしまう描写に興奮しました。

 

切断されたペニス

現実の世界ではラスプーチンの巨根展示阿部定事件不倫弁護士陰茎切断事件などがありますが、フィクションだとどうでしょうか。

x51.org

阿部定事件 - Wikipedia

gendai.ismedia.jp

師走の翁『精装追男姐』

f:id:hidesys:20171103010246p:plain

ぼくの一押しはこれです。

かわいい男の子がちんぽをイジメっ娘たちに切断されてしまう話です。切断されたペニスの間隔が本人と繋がっているリンク型です。さまざまにペニスが使われていく中で、ペニスに経験値が蓄積され、それが持ち主の手元に戻った時に驚くべき進化をもたらす。みたいな話でした。

ストーリーライン的にはやはり男性にペニスが戻ることで男性が強力な(性的な)主体性を取り戻す、という感じなんですが、それはまぁエロ漫画なので仕方ないかもしれません。

 

はらだ『ポジ』

薬を飲むとちんちんが取れて、搾乳機に入れられて「止めてくれ〜〜」ってなる漫画が収録されてました。ペニスが本人から切断されてモノとして扱われる中で、ペニス自身の本人に対する他者性がどのように暴かれるのかと期待して読んだんですが、そういう描写は薄かったですね。

 

ワープするペニス。どこにでも出現するペニス。

切断描写がなくてペニスが生えてくる系だとこっちです。AVだと飛び出る生チ○ポが人気の○○シリーズが有名でしょう。

 

かるま龍狼『非日常性バイアス』

f:id:hidesys:20171103011347p:plain

非日常性バイアス (バンブーコミックス COLORFUL SELECT)

アイディア賞です。ぼくもこういう特殊能力があれば、仕事中にオフィスで机の上にペニスをいっぱい生やして、林を作りたいですね。

 

magifuro蒟蒻『ちんちんを踏む話。』

f:id:hidesys:20171103010852p:plain

www.pixiv.netいや~よかったですね。足で踏むのはモノ扱いの中でも上級といった感じですので。magifuro蒟蒻氏はわかってます。ただペニスを自由に取り外して持って行けないところが残念でした。ただ生えてるだけだと、キノコ採集みたいな自然現象っぽさが出てしまうので。

 

最後に

ちょっとだけ宣伝します。ひでシス『愛根妄執』は事情により絶版状態にあります。今読めるひでシスのペニス漫画だと『月3万6千円の部屋には陰茎が住んでいた。』とかでしょうか。かなり古いですが。ペニスをいっぱい飼育するペットショップの話かとかも書きたいと思ってます。

 

今度の11月23日(祝)東京コミティアにて新しい本を出します。

女性の肉体にはペニスが存在しません。でもペニスの持っていない女性が性的な主体性を持ったら……。ネックレスやストッキングの線で分割されたその身体に、去勢されたペニスが現れることになります。私たちの時間を、居住空間を、性的な私を切断して他人に提供することは避けられない流れとなった世の中で、どのような生存戦略をとるのかが今 問われています。

 11月23日(祝)東京コミティア、スペースは「く28b」です。是非遊びに来てください。

 

 

動物園とストリップとセックスできる猫

今週末に上野動物園に動物を見に行って、それからストリップ劇場に人間を見に行った。その話。

https://twitter.com/hidesys/status/916472579895857152

 

友達が関西から来ていたので一緒に遊びに行った。

https://twitter.com/hidesys/status/916472579895857152

f:id:hidesys:20171007123248j:plain

上野動物園は東京都が補助金を出しているみたいで、入園料が600円と非常に安い(ただ、天王寺動物園は500円だけど)。年間パスは2400円だ(天王寺動物園なら2000円)。1シーズンに1回来たら元が取れる計算だ。

 

f:id:hidesys:20171007123747j:plain

まず初めに目に入ってきたのは、パンダの檻をの周りに群がる人間だった。パンダはやはり人気があるらしい。

パンダを単体で見て、「そんなにかわいいか? 世間の評価に騙されていないか?」と思う。お尻の毛だって土で汚れて薄茶色になってる。関西では和歌山みたいな田舎ですら見れるパンダを関東の人間は嬉しがって見ている。でもWWFロゴマークもパンダだし、パンダを可愛いと思うのは世界共通の発想なのかもしれない。

 

f:id:hidesys:20171007124629j:plain

パンダの近くには鳥の展示スペースがあった。タカとトンビは身体の大きさが違うだけで同じ種らしい。

f:id:hidesys:20171007131417j:plain

鳥は脳みそが大きくなくて、餌や光や音に反応して動くので、よくできた自動人形に思える。私は実家で犬を飼っていたんだけど、彼女は賢かった。家族内の人間関係を理解していたし、私たちが彼女にした指示もちゃんとわかっていた。哺乳類は脳みそが大きいので、知性がある。

 

奥へ進むとライオンの展示スペースだ。右側の窓からはライオンが見えなくて、友人に「人の集まっているあの別の窓のところへ行こう」と言われたんだけど、「ライオンをこうやって見に行くことでこれからの人生に何かしらプラスがあんのか?」と軽口を叩いた。

左側の窓を覗き込むと、ライオンが1匹だけ、放育場の真ん中に張り合いの無い顔をして座っていた。ここは外敵の心配がないし(百獣の王なんだからサバンナでも外敵の存在はないか)、餌の心配もないし、日々やることが無くて暇なんだと思う。

奥へ進むと、またかなり広いスペースにゴリラがいた。おっさん座りをして、暇そうに膝に付いた藁指でつまんでは取り除いている。それ以外に何もすることがないのだろう、彼らが閉じ込められている動物園という場所は衣食住が保障された空間なので。

 

私がゴリラのように動物園に入れられて衣食住を保証されたら……、難しい哲学の本とかを読んで日々を過ごすと思う。メガネをかけて、ポニーテールにして、勉強机に座って机の上に積まれた本に挑む。昔の動物園では黒人や原住民を展示していたと聞く。あの人たちはどうやって暇をつぶしていたんだろうか。

というか、そもそもゴリラに「暇」を理解する知性はあるんだろうか。お腹が空いた、腰が痛いなどの不快の概念は、互いに別のものとして理解されているんだろうか。私たちには言葉があるから概念を分けて理解し、操ることができる。でもゴリラは……。

とか友達に話していたら、「ゴリラは喉の構造的に複雑な言葉を発することができないけども、歌を歌うような動物はある程度様々な概念を脳の中で操っているって何かで読んだことがある」と言っていた。 f:id:hidesys:20171007131241j:plain

 

ゴリラの檻を通過すると、広い憩いの場のスペースに出る。歩き疲れたのでベンチに座って少し休憩をする。足元をハトが歩いていた。

ゴリラなんて十分賢いのだから、ジャングルなんて言わずも東京のコンクリートジャングルの中でも生活していけそうな気がする。ハトは都市ならどこの公園へ行っても見ることができる。カラスは完全に都市に適応して野生になっている。ドブネズミだってそうだ(この前新宿ですごく大きいドブネズミが道を走っているのを見た)。インドでは野生の牛が汚い繁華街に住んでいて、ゴミを漁って暮らしている。

 

動物と人間の関係には様々な姿がある。

人間の移住区域外でありのままの姿で生活をする(そかしそれは意図的に設定された自然保護区なのかもしれないが)、農村や都市など人間が人間の為に環境を改変した空間で人間に管理されずに野生として暮らす、人間の経済的利益のために全生活を統制された家畜になる、愛玩の対象としてペットになる、半ば研究・半ば興行のために動物園や水族館で飼われる、医療の発展のために実験動物になる……。

もちろんこれらの関係はスパッと明確に切断される違いがあるのではなく、例えばロシアのシベリアで放牧されているトナカイたちの群れは野生の群れと混じり合っていて個体が行き来していたりする。

 

人間と人間の関係はどうだろうか。

人間は社会的動物というだけあって、社会に包摂されている。動物園のゴリラは衣食住の心配をする必要がないが、私たちは衣食住を得るために半ば強制的に労働に従事させられている。これが資本主義のシステムというものだ。食を得るために労働に従事させられている存在といえば、水族館で芸を仕込まれているイルカもそうである。

 

www.pixiv.netそういえば状態変化界隈でOPQというペンネームで活動している人が居るのだけど、その人の最新のショートストーリーがそんな話だった。寂れた水族館で働いていた女性が、客寄せのために人魚になる手術を受けるように懇願される。人魚になるとエラを付けた関係で言葉を喋れなくなってしまう。最初は従業員たちも自分が元人間であることを認識していてくれるのだが、スタッフが変わっていくなかで引継ぎが上手くされず、いつの間にか自分が人間であったことが忘れ去られてしまう。餌も人間等の定食ではなく生魚になってしまい、イルカと同じように芸を仕込まれてしまう……。といったストーリーだった。性的にすごく興奮した。

この話でもキーになるのは「言語」である。

 

私の住処には少し部屋にスペースが余っている。ここにペットを飼うことができるだろう。中学生の頃は金魚をペットとして飼っていた。でもペットを飼うのなら、犬のようにどうせなら知性があって人間の言葉が分かる方がいい。ハムスターは人間の言葉を理解できない。一番人間に近くて心情もよく理解できるのは人間だ。でも人間を飼ったら食費が大変そうだ。配合飼料でどうにかならないかな? 食べなかったらご飯抜き。動物園のイルカみたいにちゃんとしつければ、人間でも配合飼料で飼うことができるかもしれない。人間の言葉を理解して、セックスのできる猫。

 

芸が仕込まれた人間。ということで、上野動物園を見終わった後は近くの浅草にストリップ劇場を観に行くことにした。イルカと同じで、衣食住の為に芸を仕込まれている。

 

f:id:hidesys:20171007144425j:plain

そうして私たちは上野駅から銀座線に乗り、浅草のロック座に来た。日本一のストリップ劇場らしい。バックダンサーがいたりしてすごいとのこと。大人は1人5000円(カップルだと8000円)だ。

f:id:hidesys:20171007144445j:plain

席数は150席ぐらい。大阪の東洋ショーや京都の東寺よりも広くて大きくて、舞台の段も高かい。

 

今回は「1001 nights」がテーマとのことで、全体的にアラビアンナイト風の劇となっていた。私はアラビアンナイト風の衣装が好きなんだけど、テーマのわりにあんまりそういう衣装は出てこなかったので少し残念。

始めの演出は本当に綺麗だった。影絵みたいな感じで女性が奥手踊りながら脱いでいく姿がスクリーンに映されていて、時折手や足などをスクリーンの隙間からこちらに出して手招きをしたりする。それ以降の踊りは、東洋ショーのものとあまり変わりがなかった。

 

女性が舞台から出てきて花道を通り、舞台真ん中の円形のステージ(ベッドと呼ばれる)に横たわる。ゆっくりと踊りながら衣装を脱いでいく。でも足や胸に巻いたネックレスは外さない。

ストリップを観るといつも思うことがある。こういう性的な裸体というのは、強いライトで照らされていて毛穴が無くてツルツルで、ネックレスで分割線が作られていて、まるでマネキンのようだ。数多の視線が女優を包み込む。数多の期待を込めた視線に照らされた彼女は、自分で自分の性感を高めるようなやり方で肉体をほめたたえる。女性の身体の動きがスピードを落とすほどエロティックになっていく。まるで無重力空間に肌色の性的なオブジェクトがゆっくりと浮かんでいるようだった。ここに現実のセックスは存在しない。

 

f:id:hidesys:20171009214949j:plain

ストリップで踊っているのは20-30代ぐらいの女性だ。顔立ちもSKE48ぐらいからモー娘。ぐらいの感じの人たちで、わりとレベルが高かった。

ストリップを観に来ているのは30代がちらほらで50代~が主要層という感じだった。大阪や京都だと60代とか70代とかの、パソコンが分からなくてエッチな動画を見ることができなさそうなおじいさんが多かったんだけど、東京はまだ活気があって客側の年齢層も若い。

女優と観客の関係だけど、大阪や京都のストリップでは手拍子もしっかりやったり拍手も盛大だったり、衣装にお金をねじ込む時間があったり、ボール(物理)をお客さんと女優で投げ合ったりすることがあったり、あとオープンタイムといって女優と一緒に写真を撮ってもらえる時間もあったりして客と女優の間隔が近いと思う。ロック座は、その舞台や花道の段が関西のストリップに比べて高いことに象徴されているように、あまり近しい感じではなかった。まぁでもこれぐらいがアイドルと客の距離なのかもしれない。関西のストリップの方が幾分地下アイドルに近い。

 

お客さんは何を見にストリップに来ているんだろうか。もしそれが「女性の裸」でしかないのなら、女優側は苦痛だと思う。まるで動物園で檻に入れられた動物を、人間がマジマジと観察する関係のようだ。誰だって私のありのままを客体として切り離した上で消費されるのは気分の良いものではない。なのでストリップはダンスを取り入れることで、演技を見せている私・ダンスを見に来た俺たちといった関係性の幻想を作り出すことにした。観客は女性の裸を見に来ているのではなく、ドキドキやワクワクを楽しむために来ている。

 

衣食住のために芸を強いられているという意味では、イルカも私たちも変わりがない。この前、上司の前で上司の判断を「たしかにこうやった方が○○が△△になって、よいですね」と答えたら、「西柿さん、そんなにサラリーマンしなくていいんだよ」って言われた。

ディズニーのダンボのように、サーカスで訓練される中でプロ意識を持って、スターになるのが正解なんだろうか。ダンボが空を飛べたのは生まれつき耳が大きいという生得的な要素によるものだった。ナルトでも結局 天才であることが大切だと説いていた。ダンボのように耳が大きくない私たちはベッドの上で服を脱いで裸体を見せつけることしかまだ知らない。私たちはセックスできる猫として生きる方が楽なのだろうか。カラスから「この魔法の羽を持っていれば空を飛べる」という暗示を掛けられたところで、飛ぶことができるのだろうか。

 

#railsgirlskyoto 7thでコーチをしてみたら良かったお話

こんにちは。ひでシスです。2017年3月10日-11日に、Rails Girlsというプログラミング初心者向けのRuby on Rails勉強会にコーチとして参加してきました。

railsgirls.com
f:id:hidesys:20170313000254p:plain

ぼくはこういったオープンソース界隈の活動・イベントに参加するのは初めてです。初めてだったのでドキドキしながら参加してみたら、思ったよりも楽しくて、得るものも大きかったです。

この記事が執筆された時点で、今回のRails Girlsについて

書いていらっしゃいます。
この記事では、ぼくはジェンダー視点と参加者との交流に軸足を置いて個人的な感想を述べたいと思います。

イベントの概要

アファーマティブアクション

Rails Girlsは名前の通り参加者に女性を主眼として置いています。「なんで参加者を女性とする必要があるんだろう……」と思って調べてみたら、アファーマティブアクションの一つであるみたいです。

アファーマティブアクションとは、弱者集団(たとえば民族、人種、出自による差別、性別により不利益を被ったと思われる集団)の不利な現状を歴史的経緯や社会環境を考慮した上で是正するための改善措置を取るという考え方のことです。単に女性だからという理由だけで女性を「優遇」するためのものではなく、これまでの慣行や固定的な性別の役割分担意識などが原因で、女性は男性よりも能力を発揮しにくい環境に置かれている場合に、こうした状況を「是正」するための取組です(出典:Rails Girls)。

簡単に言うと以下の通りです。資本主義が進んでいく中で労働者の再生産(つまり家事労働+出産・育児)はコストが大きかったが故に十分に市場化されることはなく、家に幽閉された女性に押し付けられ不払い労働として搾取されるという構造がありました。こういった歴史的経緯の上にある「女性のIT技術者が少ない」という現状を積極的に是正していくために「女性を主眼として」プログラミングの勉強会をするわけです。

写真を見てもらうとわかるのですが、肉体的な性に関しては、コーチは全て男性、参加者は全員女性でした。オーガナイザーのにゃんこさん(id:nyanco15)も言及していたのですが「IT技術者に女性が少ないという現状がある」とのことです。

ぼくの意見としては、男性が女性に物事を教えるという構造の再生産を避けるために、できればコーチにも女性が居ればよかったんですが……。オーガナイザーの方が女性だったのでそこについてはある程度はクリアという感じではないでしょうか。できるだけそういった感じにならないように配慮はしたつもりです。つまりキャバクラ的な意味合いの「わからな~い」「えー! すごいですねっ」といった発言が発されるような空気ではなく、各人の好奇心と学習を尊重した場作りが為されるようにしたつもりです。
教材に沿って開発を進めますので、わからないところは何でも聞いてくださいという感じですね。

進行

3/10(金)に18:30から参加者のPCに開発環境を用意するインストレーションが行われました。10(土)は10:30からワークショップが開始されました。開発は休憩を挟みつつという感じです。16:30にいったん終了して、懇親会をしました。
参加者:コーチの比率は1:1で、かなりやりやすかったです。大学の情報系の学部でTAの割合が他学部に対して非常に高いという話があるんですが、やはりプログラミング的な話は講義形式よりも懇切丁寧に教える方が理解が早いなぁと思いました。

教材

正直、プログラミング初心者に1日でかっちょよくて実用的なWebアプリを作ってもらうのは無理です。
ぼくは、Rails自体の勉強会は5・4年前にKMCで行ったり、今年も1か月でWebサービスを作る勉強会を行っていたりしました。ここらの勉強会では1回当たり90分で8~15回程度勉強会を行っていたので、サイズ感が違います。

ぼくのチームは、とりあえず作ったWebアプリがHerokuで動くことを目標として進めました。

オフィシャルでかなりいい教材が提供されています。とりあえずインストラクションに従っていればそれっぽいものができるようなガイドですね。
http://railsgirls.jp/railsgirls.jp
f:id:hidesys:20170313005733p:plain
ただ、技術的内容については書いていないので、コーチが説明する必要があります(自学自習には向いていません)。よって、よく理解するにはコーチと参加者のコラボが必要です。

RailsからGemからbundlerからGitまで、各トピックを説明しようとしたら無限に詳しく説明できてしまうので、匙加減に気を付けました。魚の獲り方をもっとよく伝授したかったんですが、時間が限られていて厳しかった部分もあります。ぼくが担当した参加者のmuttanさんは、最初のbundlerのところからかなり詳しく質問されて、好奇心と理解しようという姿勢がよく感じられたので、すごくやりやすかったです。

成果

とりあえずHerokuで動かすことができました。「おめでとうございます!」とくす玉も割りました。よかったですね。
あと最初のRubyRails周りの概念的な話はかなり詳しくできたので、自学自習するための基本的な知識は身に付けていただけたかなぁと。

ぼくも初めての方に上手く説明するという経験をさせていただいて練習になりました。

交流

懇親会

16:30から懇親会が行われました。プログラマーなのでピザを食べます。
写真を探したんですが、みんな疲れていた+達成感の中にあった+ピザのいい匂いが漂う中でずっと我慢していたせいか、あんまり写真がありません。代わりにおやつタイムの写真を載せます。

下記に、懇親会で聞けた色々な話を書きます。

オーガナイジング

イベントの開催経緯や開催方法をid:nyanco15さんやid:Pasta-Kさんに聞きました。なるほど~という感じですね。こういったイベント開催経験者に会って話を聞くことってほとんどないので、貴重な体験です。やはり人脈がモノを言います。

会社外の人との接点

就職したら会社外の人と交流する機会がなかなかないということなんですが、今回のイベントは様々な人と話せてめちゃくちゃよかったです。ぼくは4月から東京なんですが、できればこういったイベントに顔を出せればと思いました。

企業・Web業界の雰囲気

今回スポンサーになっていただいた各企業、すなわちnota inc.(Gyazoの開発元でひでシスの元バイト先)、Hatena、Happy Elementsなどの社員さんといろいろ話をしました。あと転職をどんどんやっていくWeb業界の雰囲気とかですね。SIer・SE業界とWeb業界は雰囲気が違うんですが、参加者の方にもそこら辺の事情を少し知っていただけたかなぁと。

フリーランス

企業の社員として企画などに関わりたいか、フリーランスエンジニアとしてプログラミングの傭兵でありたいかとかいう話です。あと不安定な収入と上手くやっていけるか、自分で営業を掛けられるか、人脈から仕事を貰えるかとかそういう話です。なるほど~~~~~。本当になるほどという感じです。ぼくには社員の方が合ってますね。

最後に

今回コーチになることを誘ってくれたid:Pasta-Kくんには感謝しきりです。本当に良い機会でした。にゃんこさんも、あと他の参加者・コーチの方もお疲れ様でした。はじめはビビっていたんですが、思ったよりも楽しくて、得るものも大きかったです。参加者の人にも楽しんでいただけましたかね。

また他のOSS系のイベントにも参加してみたいな~と思いました。みなさんもこういった活動に興味のある人は試しに友達と一緒に参加してみると楽しいかもしれませんよ! どうもありがとうございました。

1万円で買ったarp AS01Mスマホがクソだったので捨てた話

arp AS01Mを1万円で買いました。メモリ3GBを積んで、LTE FDD 1, 3, 19に対応した格安スマホです。これがクソだったというレビューをします。

f:id:hidesys:20170113224745p:plain
http://www.arpmobile.com/

これまではZenfone 2を1年以上使っていました。これの交換不能なバッテリーがへたってきたので、これを機に別機種に入れ替えようと思い立ちました。今持っているZenfone 2はLTE FDD Band 19が未対応なのですがAS01Mでは対応しているので、通信速度も速くなるはずです。

と思ってデータの移行や設定を済ましたのですが、問題が発生しました。

4G LTEにならない

APNの設定を行ったものの、通信が3Gのみになっています。
f:id:hidesys:20170113230227p:plain
なんでや。

調べてみるとLTEの電波を拾いにくいとか。
f:id:hidesys:20170113230326p:plain
~12分とか書いてますけど、Biglobe SIMは4G LTEを全く拾いませんでした。

タッチパネルが異常な動作をする

こっちの方が正直言って深刻です。画面をスクロールすると、最後に揺り戻しが起きます。指を画面に載せて上へスッと動かすと、指を動かし終わった場所よりも上にスクロールし、下へ揺り戻しが起こるんです。

何を言っているのかわからないという人はこちら。
f:id:hidesys:20170113230936p:plain
開発者向けオプションからポインタの位置を表示にしてみました。
指は左下の最初の点からまっすぐに右上の軌跡の最後の点に動かしただけです。なのに、軌跡が渦を巻いていることがわかるでしょうか。画面上で加速度がついているみたいです。こんなに揺れ動くスクロールを見ていたら酔います。狂ってます。

ASUS Zenfoneで同じことをすると以下のようになります。
f:id:hidesys:20170113231524j:plain
キッチリと左下から右上へ線が引けていますね。
AS01Mだと軌跡通りにスクロールされたとAndroid側が判断しているので、フラフラと画面が揺れるんです。気持ち悪い。

あと短いフリックもタップと勘違いされることが多々あります。キーボードの入力感度を上げても無意味です、イベント自体が拾えていないので。意味が分からない。

その他

Google日本語入力のカーソルキーが何故か反応しません(???)。文字入力がしづらい。
2chを見てるとGPSの精度が悪いだとかも書かれてました。

結論:捨てた

正常な気持ちで正常に使えないガジェットは、精神をイライラさせて寿命を縮める呪われた装備のようなものです。こんなの使うぐらいだったらバッテリのへたったZenfoneを使い続けます。

あれですね。スマホは作り慣れたメーカーのものを買わないとダメですね。「安くてスペックが高いのコスパええやんけ!」といって飛びついて、安物買いの銭失いをすることになってしまいました。

捩じれのパプリカ(原作小説)と線状性のパプリカ(アニメ映画)

f:id:hidesys:20161008174349j:plain

パプリカ (アニメ映画) - Wikipediaを観てから原作小説のパプリカ (小説) - Wikipediaを読みました。設定や内容が原作とアニメ映画では大幅に違って驚いたので書きます。

アニメ映画は小説よりも尺が限られています。それを考慮してか、原作小説からは以下の点が変更されていました。

  1. 原作小説では理事長だった島(主人公側)と副理事だった乾(敵側)の肩書が、アニメ映画では所長の島と理事長の乾に書き直されている
  2. 原作小説では千葉と時田の研究は世間一般で認められノーベル賞候補に挙がるほどという状況設定だが、アニメ映画では研究はまだ世間一般に公表されておらずより研究を高めていく状況にある
  3. 原作小説では千葉(主人公)が時田(主人公側)に対する恋愛感情を互いに明確に意識している描写があるが、アニメ映画では最初は抑圧しておりクライマックスでそれが解き放たれている

一言でいうと、原作小説では『解決済みの状況と捩じれ』が問題になっていた一方で、アニメ映画では全体を通じて『目的に向かう線状性』に修正されていたと考えられます。
1. 2.についてですと、原作小説では主人公側はすでに社会的名声を得ており・また地位的にもすでに高いところへ収まっています。問題になるのは敵側から仕掛けられる権力闘争です。3.にしても、原作小説では千葉と時田は互いに互いの恋愛感情を認識していながらも踏ん切りがつかないといった状況が問題になっているわけですが、アニメ映画ではクライマックスで千葉が素直に自分の気持ちを表現するという線状的ストーリーになっています。

尺が短いとストーリーがわかりやすい上から下へと流れる表現の方が便利なのだなぁと思いました。